【満月】種類・名前・由来と意味の一覧|1月~12月対応

満月

満月って各月に名前がついているんだね。

またその由来となる意味についても知りたい。

本記事では、こういった悩みを解決したいと思います。

 

★本記事の内容

  • 12種類まとめ
  • 名前と由来について

 

満月には各月毎(1月,2月,3月,4月,5月,6月,7月,8月,9月,10月,11月,12月)に名前(名称)がついています。

それぞれの名前、由来と意味について一覧でまとめていますのでご覧ください。

 

スポンサーリンク

満月の種類と名前と由来・意味一覧

1月〜12月の満月一覧

名前意味(由来)
1月・狼月
・古い月
食糧が無く飢えた狼の遠吠え
2月・雪月
・空腹月
雪が多い、食糧確保が難しい
3月・芋虫月
・樹液月
虫が地上に出てくる、樹液が出てくる
4月・桃色月ピンク色の「フロックス」が開花
5月・花月たくさんの花が咲く
6月・苺月野苺の収穫、苺が熟す
7月・雄鹿月雄鹿の角が生え替わる
8月・チョウザメ月チョウザメの漁が始まる
9月・収穫月
・トウモロコシ月
作物収穫、トウモロコシ収穫
10月・狩猟月狩猟が開始される
11月・ビーバー月ビーバーを狩猟し始める
12月・寒月冬の寒さ

スーパームーン

「スーパームーン」とは、月が地球にかなり接近した時に、満月or新月になる現象です。

距離が近いため、通常よりも大きく見ることができます。

こちらは、ほぼ毎年見ることができます。

エクストリームスーパームーン

「エクストリームスーパームーン」とは、「スーパームーン」よりも更に大きく見える満月or新月になる現象です。

こちらは、18年に一度見れると言われており、見れる時間も1~2時間程なのでかなり希少な現象です。

マイクロムーン

「マイクロムーン」とは、月が地球と遠い時に満月or新月になる現象です。

「スーパームーン」とは逆で、距離が遠いために通常よりも小さく見えます。

こちらは、ほぼ毎年見ることができます。

ブルームーン

「ブルームーン」とは、同じ月に2回満月になる現象です。

大気中の塵などの影響で、名前の通り通常よりも青く見えやすくなります。

こちらは、2~3年に一度見ることができます。

ブラッドムーン

「ブラッドムーン」とは、皆既月食の時に月が地球の影に隠れてしまう現象です。

月食の際に、地球の大気を通過し屈折した太陽光線に照らされることで、月が赤く見えやすくなります。

こちらは、ほぼ毎年見ることができます。

 

満月まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございました。

普段何気なく目にする月や満月ですが、色々な名前や意味がありますね。

普段見ることが出来ない現象なので、その日くらいは外を見てみるのもいいですね。

 

月の関連記事

▶︎満月の全種類一覧

希少な満月記事

▶︎スーパームーンの見れる時間について
▶︎マイクロムーンの見れる時間について

各月の満月記事

▶︎1月(準備中)
▶︎2月(準備中)
▶︎3月(準備中)
▶︎4月(準備中)
▶︎5月(フラワームーン)の見れる時間について
▶︎6月(ストロベリームーン)の見れる時間について
▶︎7月(バックムーン)の見れる時間について
▶︎8月(スタージェンムーン)の見れる時間について
▶︎9月(準備中)
▶︎10月(準備中)
▶︎11月(準備中)
▶︎12月(準備中)

コメント