ネット・ゲーム依存症対策条例はいつから?内容について【香川県で可決】

ニュース

ネットやゲームをする時間が制限されるのっていつからだっけ?

そもそもなんでそんなことするんだよ!

本記事では、こういった悩みを解決したいと思います。

 

★本記事の内容

  • ネットゲーム依存症対策条例はいつから実施?
  • 条例の内容について
  • 筆者の考え

 

「ネット・ゲーム依存症対策条例」の施行が決まりました。

この条例は何なのか、どんな内容なのか、いつどこで実施されるのか掲載していますので是非ご覧ください。

 

スポンサーリンク

ネット・ゲーム依存症対策条例はいつから?

2020年4月1日より香川県で導入

香川県議会で3月18日、「ネット・ゲーム依存症対策条例」が可決しました。

こちらの条例は、2020年4月1日より香川県で施行されます。

 

ネット・ゲーム依存症対策条例の内容

ネット・ゲーム・スマホの使用を制限するもの

現代社会では、みんなスマホを持ち長時間ネットやゲームをしている状況です。この自体がよろしくないのでは、と判断され、「ネット・ゲーム依存症対策事例」が浮かんできました。

利用時間が設定される

18歳未満は、1日のゲームプレイ時間を平日は60分、休日は90分と目安時間を設けられるようです。

また、プレイする時間も設定されており、中学生は夜9時まで、高校生は夜10時までとなっています。

子供の成長を視野に入れた判決

子供の学力と体力が低下、さらには引きこもりや睡眠障害、視力障害などの自体になることが問題視されています。加えて、まだ脳が発達しきっていない子供の時から依存状態になると、抜け出すのが困難なため早めの対策が必要とされています。

罰則などは特になし

保護者は、利用時間の目安を「遵守させるよう努めなければならない」としています。しかし、これを破ったり守らなかったりしたとしても、罰則規定は特にありません。

 

スポンサーリンク

 

筆者の感想

気持ちは分かるが納得はしない

確かに今の子供達は「スマホ」や「タブレット」をみんな持っています。自分たちの小さい時は、同年代でガラケーを持っている人が珍しいレベルで、そんなものを持っているのが当たり前の時代ではありませんでした。

ネットやゲームに触れる機会も少なく、常に外でボールを使ったり走ったりして遊んでいました。

でも今の子は、外に居ると思っても「スマホ」や「タブレット」で遊ぶ子が多く、『それ外に居る意味ないだろ。』と思うこともあります。

また、子供が誤って課金して、親のカードに請求がきているなどの事件があるのも確かです。

しかし、そこまで極端な対策が必要なのかと言われると、賛成しかねる部分もあります。

今後のネット社会に強くなる子供が現れるのでは

今まさにネットがどんどん進化していき、AIなども導入され、ネット社会になっています。子供の頃から、ネットに興味を持ち、触れることで今後ネットに強い子供が増えるのはプラスになるのかなと思います。

例であげれば、ブログや動画編集、プログラミングなどを子供の頃から興味を持ち勉強して活かしていれば、これからの時代についていき、最先端で活躍できるかもしれません。

運動できる場所が少なくなったのも原因?

最近、どんどん外でおもいっきり遊べる場所が少なくなったのかなと思うことがあります。広場はあっても、ボールを使うの禁止だったり、遊具が撤去されていたりするのも、遊ばなくなった原因かもしれません。

そうなると、悪いのは子供ではなく、外で遊びにくい環境を作った大人ですね。

しかし、ネットやゲームばかりし、体力低下や視力低下してしまう点に関しては、筆者もどうにかしなければいけない部分なのかなと思っています。

コメント