ロックダウンとはどうなるの?日本ではいつから始まる?【首都封鎖】

ニュース

「ロックダウン」という言葉を耳にするようになったけど、

それはどういう意味なんだろう?

いつごろから発令されるのかなぁ?

本記事では、こういった悩みを解決したいと思います。

 

★本記事の内容

  • ロックダウンとはどういうことなのか
  • いつから始まるのか
  • 現状での生活における注意点

 

「新型コロナウィルス」の影響で、「ロックダウン」というワードを耳にすることが多くなりました。

聞き慣れない言葉ですが、「ロックダウン」とはどういう意味なんだろう。それが起こるとどうなるんだろう。

と疑問に思っている方は、是非ご覧ください。

 

スポンサーリンク

ロックダウンとはどういう意味?

建物や道路などを完全封鎖すること

「ロックダウン」とは、建物に鍵をかけたり、鉄道や道路などの交通に対しても使えなくし、

外部からの侵入を完全に封鎖することをさします。

また、人々が外に出ることを禁じるということです。

2020年3月「新型コロナウィルス」で「ロックダウン」が話題となっていますが、

この意味とは、感染拡大を阻止するために、『都市を封鎖』するということになります。

現状では「都市の機能を制限」するだけ

『都市を封鎖』と聞くと、

買い物に行けない。病院に行けない。バリケードなどで固められて遮断される

など考えている人もいるようですが、それは最高レベルの「ロックダウン」が発令された時です。現状では、動きを制限するだけで、外に出ることを完全に禁止にしている訳ではありません。

買い物もできるし、交通手段などは減る可能性は高いですが、別に道路が完全封鎖されているみたいなアニメ世界になる訳ではありません。安心してください。

『首都を封鎖』と聞くから、買い溜めなどする人が増えてしまいますが、まだそのレベルではないんです。勘違いしてやりすぎる人がいて、それにまた便乗して、結果迷惑行為になってしまっているので困ったものですね。

しかし、このまま感染拡大が収まらなければ、最高レベルが発令されかねないのも確かとなり、

自粛ではなく、強制で外出禁止になる可能性はあります。

世界各地では「ロックダウン」が始まっている

すでに世界各地では「ロックダウン」が始まっています。

中国・フランス・イタリア・インド

などの国では、必要最低限の場合以外、外出を禁止されています。

 

ロックダウンはいつから?

日本では「緊急事態宣言」が発令か

日本でも「ロックダウン」が騒がれていますが、まだ決定してはおりません。

しかし「安倍首相」が、早ければ4月7日から「緊急事態宣言」を発令する

と言っていたため、「ロックダウン」ではなくとも、

「緊急事態宣言」で対象の地域は行動を制限されることになります。

対処が遅すぎると意味が無くなる

すでの多くの感染者を出してしまっていますが、

判断が遅すぎると外出を禁止にしたところで意味が無くなる可能性もあります。

歯止めが効かなくなりかねないので、悠長な思考はできず、最小限のリスクになるよう判断して欲しいですね。

 

スポンサーリンク

 

現状生活するうえでの注意【4月14日更新】

イベントなどの人が集まる場所には行かない

日本では、「新型コロナウィルス」を甘く見て、

イベントやパーティに平気で参加して感染を拡大することに繋がってしまっています。

大きなイベントが中止にならなかったとしても、ご自身で行くことをやめてください。

買い溜めはやめてください

現状の「ロックダウン」は、『首都の機能制限』することになるだけです。

そのため、買い物ができなくなるなどの心配をして買い溜めする人が非常に多いですが、

その行動は過剰です。やめてください。

その行動が、他の人に余計不安を与え、悪循環になるだけです。他の方が普通に暮らすこともできなくなるため、迷惑行為はやめてください。

 

ロックダウンについてのまとめ

ここまでご覧いただきありがとうございました。

「ロックダウン」という聞き慣れない言葉、『都市封鎖』という怖い言葉

を聞いて不安に思っている方が多いとは思いますが、まだ全然大丈夫です。

知らないワード、しっかりとした説明がない

だから余計に不安に感じ、勘違いから過剰な行動をとる人が多いだけなんです。

飲食店や娯楽施設は使えなくなると思いますが、買い物や病院などの場合は外出もできますので、安心してください。

また、無駄な外出を避け、人が多く集まる場所に行かないようにし、ご自身の安全を一番に考えてください。

コメント