セグウェイ生産終了はいつ?人気が無かった・売れなかった理由はなに?

ニュース

「セグウェイ」の生産が終了するんだってね。

楽しそうだし楽そうだったけど、乗ったことなかったな。

未来の乗り物とまで言われていたのに、

人気がなかった理由、売れなかったのはなんでだろう。

本記事では、こういった悩みを解決したいと思います。

 

★本記事の内容

  • セグウェイ生産終了はいつ?
  • 人気が無かった、売れなかった理由は?
  • セグウェイを買わずに乗る方法
  • みんなの声まとめ
  • 記事まとめ

 

未来の乗り物として注目されていた、立ち乗り電動二輪車「セグウェイ」の生産が終了することが発表されました。

注目はあったし、知名度もあった、

なのに人気が無かった・売れなかった理由(原因)や、「セグウェイ」を買わずに乗る方法(場所)、みんなの声をまとめていますのでご覧ください。

 

スポンサーリンク

セグウェイの生産終了はいつ?

2020年7月15日で生産終了

「セグウェイ」の生産は2020年7月15日で終了となるようです。

警備や観光ツアーで主に利用されており、累計14万台販売されていたとのことでした。

セグウェイの知名度は相当の物。

それを考えると、14万台ってかなり少なく感じますね。

2000年頭から注目され始める

「セグウェイ」は、2000年代初頭にまだ試作品だった段階で、

「スティーブ・ジョブズ」「ビル・ゲイツ」らが絶賛しており、それを受けて未来の乗り物としてかなり期待されていました。

前後左右、自由に動くことができ、面白そう・楽そうなどの期待が大きかったです。

しかし、

具体的に使う場所がなく、値段も安くはないということから、

みんな知っているん注目の乗り物であっても、買うという決断には至らなかったように思えます。

 

セグウェイが人気が無かった・売れなかった理由

公道を走れない・値段が高いのが原因か

  • 値段が手軽じゃない
  • 乗れる場所が限られる
  • 公道を走れない
  • 意外とサイズが大きい
  • 品質と耐久性があるから、買い換えることがない
  • スピードが遅い
  • 時代が追いついていない(先取りしすぎた)

「セグウェイ」が売れなかった理由は、上記などが考えられます。

一番みんなが買わなかった理由として大きいのは、

公道を走ることができない・値段が高い

ことではないでしょうか。公道で使えないなら使う場所が限られすぎてて必要性が無かったようにも思えます。法的に改善されて、もっと乗りやすい時代であれば、買った人も多くなるかもしれませんね。

また、値段も高いため、そこまでして買うことはしないと思う人も多かった印象ですね。

 

セグウェイを買わずに乗りたい場合は?

ラウンドワンで乗ることが可能

「セグウェイ」を買うのはちょっと…でも乗ってみたいんだよなぁ。

と考えている方は、『ラウンドワン』のスポッチャに行ってみましょう。

『ラウンドワン』の全店で「セグウェイ」に乗ることができるため、買うことなく試乗してみることができます。

 

セグウェイに対するみんなの声

14万台しか売れてなかったのか…
知名度はかなり高いんだけどねぇ。
他国は知らないけど、日本だとこの手の乗り物は道交法でそのままだと公道走れないしなぁ…。

遅いんだよな…乗りたいと思っても買いたいとは思わなかった人が大半だろう
「公道で走れない」が結局一番でかい。
どんなに富豪でも、家の庭グルグルする程度なら要らなくなる。
公道で走れないし、値段高いし
そりゃあね…未来の乗り物が普及するのもまだまだ先みたいだね

セグウェイ生産終了かー。
もっと浸透して気軽にレンタルで乗れるくらいになってほしかったな。

 

セグウェイまとめ

ここまでご覧いただきありがとうございました。

筆者も「セグウェイ」はもちろん知っていました。が、乗ったことはありませんでした。

理由としては、

別に高いお金払ってまで乗る必要性がない。

のが一番でしたね。公道を走れないなら別にいらない、値段も高い。とのことから買うことはありませんでした。

コメント