特定警戒都道府県って何?どうなるの?|対象地域まとめ

ニュース

また新しい言葉出てきたよ…

「特定警戒都道府県」ってなんですか?

いろいろ指定しすぎじゃね…。

本記事では、こういった悩みを解決したいと思います。

 

★本記事の内容

  • 特定警戒都道府県ってどうなるの?
  • 対象地域について
  • まとめ

 

「新型コロナウィルス」の感染拡大を受け、全国に「緊急事態宣言」が出されましたが、

新たに「特定警戒都道府県」が指定された都道府県が出ました。

そもそも「特定警戒都道府県」とはなんなのか、どうなるのか、対象地域はどこかまとめていますのでご覧ください。

 

スポンサーリンク

特定警戒都道府県になるとどうなるの?

重点的に対策を進められる

全国に「緊急事態宣言」が発令された中、

新たに「特定警戒都道府県」が発表されました。

政府関係者の話によりますと、

累積の感染報告者が100人を超えたり、短い期間で感染者が倍増する。
など、
感染が広がっている都道府県を重点的に感染対策していく。
とのことです。

今までと同じく行動を制限する

  • 不要不急の帰省や旅行などを極力避けるよう促す。
  • 県外への移動を法律に基づいて自粛を要請。
  • 観光施設などに人が集中する場合は入場者の制限。
  • 全国的かつ大規模なイベントの開催は中止や延期。
  • 職場への出勤は在宅勤務や時差出勤などを推進。
  • 施設の使用については法律に基づいて制限の要請。

などなどをしていくようです。

前からそんな感じで対応しようとしていたじゃん…って感じですが、

新しく「特定警戒都道府県」なんて言葉を使い線引きしたかったんでしょう。

他の「特定警戒都道府県」に入っていない地域に関しては、

感染状況や経済社会に与える影響を踏まえつつ、知事が判断することになるようです。

 

スポンサーリンク

 

特定警戒都道府県になっている場所

全都道府県が解除

北海道、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、石川県、岐阜県
愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県

上記がこれまで「特定警戒都道府県」に指定されていましたが、

5月26日に「緊急事態宣言」が全国で解除されたことで、「特定警戒都道府県」も解除されたと言っていいでしょう。

 

特定警戒都道府県まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございました。

元々「緊急事態宣言」で線引きしていましたが、全国に発令され、

新たに「特定警戒都道府県」という線引きが再びされました。

正直、この線引き・区分けになんの意味があるのか、そんなに線引きが欲しいのかと思ってしまいました。

具体的な説明もなく、ただワードを出すだけなんて意味がありません。

コメント