ストロベリームーンとは2020年6月6日何時から見れる?名前の由来について【6月の満月】

満月

2020年に「ストロベリームーン(6月の満月)」はいつ頃見れる?

見れる時間と方角と天気について知りたい。

「ストロベリームーン」とは名前の由良についても教えて。

本記事では、こういった悩みを解決したいと思います。

 

★本記事の内容

  • ストロベリームーンは何時から?
  • 6月6日の天気について
  • ストロベリームーンとは?

 

6月の満月「ストロベリームーン」は、2020年に見れるのはいつなのか、

見れる時間と当日の天気はどうなのか、

また「ストロベリームーン」とは?名前の由来についてもまとめていますので合わせてご覧ください。

 

スポンサーリンク

ストロベリームーンは何時から見れる?【2020年】

6月6日4時頃に満月を迎える

2020年の6月に満月を迎えるのは、6月6日4時頃になります。

時間的に満月を見届けるのは難しいですね。

そのため、

ドンピシャは難しいと思いますが、5日の夜中から6日の明け方にかけて「ストロベリームーン」を見ることができますので、6月5日の夜中に是非外を見てはいかがでしょうか。

 

2020年6月6日の天気は?

一部雨の場所もあるので注意

気になる天気ですが、

6月5日は一部で「雨」となっているようです。

札幌や仙台や那覇などでは満月を綺麗に見ることが難しいかもしれません。

また、他の地域でも「くもり」となることがあるようですね。

 

ストロベリームーンとは?名前の由来について

6月に見れる満月の名称

1月から12月まで、満月には名前(名称・ニックネーム)が付けられています。

6月の満月には、「ストロベリームーン」と付けられているんですね。

なんで「ストロベリームーン」と名前が付けられているのかというと、

北米では、6月に野苺(のいちご)の収穫が行われます。関連する季節行事に合わせ、苺を収穫する時期として6月の満月には「ストロベリームーン」と名付けられたと言われています。

他にも地域によっては呼び方が異なる場所もあり、

『ハニームーン』『ミードムーン』『ローズムーン』

などとも呼ぶ方や地域あるようですね。

恋を叶えてくれる月

「ストロベリームーン」には、恋を叶えてくれる月と異名もあり、

好きな人と結ばれる・恋愛運が上がる

と言われております。6月に好きな人と是非一緒にお願いしみてはいかがでしょうか。

 

月の関連記事

▶︎満月の全種類一覧

希少な満月記事

▶︎スーパームーンの見れる時間について
▶︎マイクロムーンの見れる時間について

各月の満月記事

▶︎1月(準備中)
▶︎2月(準備中)
▶︎3月(準備中)
▶︎4月(準備中)
▶︎5月(フラワームーン)の見れる時間について
▶︎6月(ストロベリームーン)の見れる時間について
▶︎7月(バックムーン)の見れる時間について
▶︎8月(スタージェンムーン)の見れる時間について
▶︎9月(準備中)
▶︎10月(準備中)
▶︎11月(準備中)
▶︎12月(準備中)

コメント