スーパームーンは2020年4月8日何時から見れる?スーパームーンとは由来について

満月

2020年4月8日に「スーパームーン」が見れるんだって!

何時から待機していれば良いんだろう、

いつ頃きれいに見えるかな?

本記事では、こういった悩みを解決したいと思います。

 

★本記事の内容

  • スーパームーンが見れる時間
  • スーパームーンとは
  • エクストリームスーパームーンとは
  • 過去のスーパームーン観測日
  • まとめ

 

月が最も大きく・明るく見れることで知られる「スーパームーン」ですが、

2020年は何日何時に見ることができるのでしょうか。

見れる時間や、「スーパームーン」「エクストリームスーパームーン/エクストラスーパームーン」について、過去のこれまで観測された年月も掲載していますのでご覧ください。

 

スポンサーリンク

スーパームーンはいつ何時に見れる?

4月8日(水)午前11時35分

日本で「スーパームーン」が見られるのは、

2020年4月8日(水)午前11時35分

に満月を迎えます。日中なので綺麗に見ることは難しいかもしれません。

そのため、

7日(火)夜中~8日(水)夜の時間にも確認して見ることをおすすめします。

 

スーパームーンとは?

月と地球が一番近くになる満月

「スーパームーン」とは、『月と地球が一番近い時の満月(新月)』状態をさします。

一番小さい時(マイクロムーン)と比較してみると、

  • 大きさ:約14%大きい
  • 明るさ:約30%明るい

と言われております。大きく、明るく見えると言うことですね。

また、そんな「スーパームーン」よりも更に大きい、

「エクストリームスーパームーン/エクストラスーパームーン」も存在します。

 

エクストリームスーパームーンとは?

スーパームーンよりも希少

「スーパームーン」は、ほぼほぼ毎年見ることができます。

しかし、この「エクストリームスーパームーン/エクストラスーパームーン」は、

18年に1度とも言われるほど見れるのが希少な満月(新月)です。

「エクストリームスーパームーン」は、「スーパームーン」よりも更に大きく見ることができます。

エクストリームスーパームーンの条件

月が地球に接近したタイミングから、前後1時間以内に満月(新月)になる
つまり、「スーパームーン」よりも、月と地球の距離が近い状態で満月(新月)になるので、より大きく見えるということになります。
スポンサーリンク

 

過去のスーパームーン観測日

過去の年月
2011年3月20日2012年5月5日2013年6月23日
2014年7月12日2014年8月10日2014年9月9日
2015年9月28日2016年12月12日2017年12月4日
2018年1月2日2018年1月31日2019年3月21日

※日本時間で掲載しております。

 

まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございました。

「スーパームーン」は、ほぼ毎年見ることが出来ますが、

貴重な体験とも言えるため、是非1度は見てみることをおすすめします。

 

月の関連記事

▶︎満月の全種類一覧

希少な満月記事

▶︎スーパームーンの見れる時間について
▶︎マイクロムーンの見れる時間について

各月の満月記事

▶︎1月(準備中)
▶︎2月(準備中)
▶︎3月(準備中)
▶︎4月(準備中)
▶︎5月(フラワームーン)の見れる時間について
▶︎6月(ストロベリームーン)の見れる時間について
▶︎7月(バックムーン)の見れる時間について
▶︎8月(スタージェンムーン)の見れる時間について
▶︎9月(準備中)
▶︎10月(準備中)
▶︎11月(準備中)
▶︎12月(準備中)

コメント