東京アラートって何?とはどういう意味?発動するとどうなるの?

ニュース

新型コロナウィルスの感染拡大が6月に入ってまた多くなったね。

そんな中で「東京アラート」ってなに?

「東京アラート」とはどういう意味?

発動するとどうなるの?発動条件は?

本記事では、こういった悩みを解決したいと思います。

 

本記事の内容

  • 東京アラートって何?どういう意味?発動するとどうなるの?
  • 東京アラートの発動条件(基準)とは
  • まとめ

 

「新型コロナウィルス」の感染拡大を受けて「緊急事態宣言」が出ていましたが、

落ち着いてきたということで解除されました。

しか、解除されてからすぐに再び感染者数が多くなっております。

そんな中、「東京アラート」というものが出てきました。

「東京アラート」とは何なのか、ってどういう意味?どんな内容?

発動するとどうなるの?発動条件(基準)についてまとめていますのでご覧ください。

 

スポンサーリンク

東京アラートって何?どうなるの?

都民に警戒を呼びかける

6月に入ってから、「東京アラート」と呼ばれるものが話題となっています。

「東京アラート」とはなんなのか、

それは、都民に警戒を呼びかけるために出されたものです。

「東京アラート」には基準がありそれを越えると出されます。

では、

「東京アラート」が出るとどうなるのかについてですが、

港区・台場にある「レインボーブリッジ」が赤く点灯し、都民に注意・警戒を呼び掛ける。

ことをしていくようです。

「レインボーブリッジ」を赤くするのは、

「東京アラート 」出てることを知らせるため?

 

この行動に大きな意味があるのでしょうか。

別に何も変わらないと思うけど…。

強制力の無い注意喚起だけなら、何も変わらないし意味あるのかな?

また、それでも収束しない場合は、

再び必要な外出自粛・休業を再要請し、感染拡大防止を徹底していくことになります。

 

東京アラートの発動条件(基準)

3つの要素がある

  1. 1日あたりの新規感染者が20人未満
  2. 新規感染者に占める感染経路不明の割合が50%未満
  3. 週単位の感染者増加比が1未満

の3つが基準として設けられています。

東京では基準を上回っている

6月2日時点で、「東京アラート」の基準を上回ってしまいました。

そのため、

専門家の意見を踏まえ早急に対応すると、「小池知事」が話しておりました。

 

東京アラートまとめ

新型コロナウィルスの脅威は去っていない

ここまでご覧いただきありがとうございました。

「新型コロナウィルス」の感染拡大を受け、「緊急事態宣言」が発令されていましたが、

2020年5月25日に解除されましたね。

そうして外に出る人が多くなり、日本では「新型コロナウィルス」に対する危機感を持つ人が少なくなっていきました。

一部の人は、日常を取り戻した雰囲気がありましたが、6月から再び感染者が続出しています。

海外では今でも多くの感染が出ており、油断が見える日本でも再び多くなってきました。

まだまだ収束していませんし、今後も大きくなるかもしれませんので、気をつけましょう。

コメント