宇佐見りんの作品は何がある?プロフィールや出身や学歴について【第164回芥川賞を受賞】

エンタメ
スポンサーリンク

「宇佐見りん」さんって方が芥川賞を受賞したことが話題になっているね。

すごい、おめでとうございます。

どんな方なんだろう、どんな作品を書いた方なのかな。

本記事では、こういった悩みを解決したいと思います。

 

★本記事の内容

  • 宇佐見りんが第164回芥川賞を受賞
  • どんな人物なのか、プロフィール情報
  • 小説家を目指したきっかけと時期

 

21歳にして、「第164回芥川賞」を受賞したことが話題になっている「宇佐見りん」さん。

『推し、燃ゆ』で受賞されました。

そんな素晴らしい方ですが、

他にはどんな作品を書かれているのか、

そもそも「宇佐見りん」とはどんな人なのか出身や学歴(中学・高校・大学)、プロフィールwiki情報などをまとめています。

 

スポンサーリンク

宇佐見りんが芥川賞を受賞

「推し、燃ゆ」が第164回芥川賞に

2020年1月20日、

「宇佐見りん」さんの作品『推し、燃ゆ』が「第164回芥川賞」を受賞しました。

「芥川賞」とは、、

簡単に言えば、芸術性に重きを置いている小説

のことです。

優れた芸術的文章を書いた文学賞のことだね。

 

 

21歳の若さで素晴らしい賞を受賞されていますね。

すごい。

 

宇佐見りんとはどんな人物?プロフィール情報

受賞歴まとめ

  • 2019年:『かか』で「文藝賞(ぶんげいしょう)」受賞
  • 2020年:『かか』で「三島由紀夫賞(みしまゆきおしょう)」を最年少受賞
  • 2021年:『推し、燃ゆ』で「第164回芥川賞(あくたがわしょう)」受賞

静岡県出身・神奈川生まれ

「宇佐見りん」さんは、

1999年に静岡県で生まれ、神奈川県で育ったようですね。

詳しい場所までは分かっていませんが、

静岡県or神奈川県で、中学から高校まで一貫の学校に通っていたようです。

また、

大学では「歌舞伎研究会」に所属しているとの情報があり、

それを踏まえて、現在学生である「宇佐見りん」さんは、

  • 早稲田大学
  • 慶應義塾大学
  • 明治大学
  • 立教大学

のどこかに通っているのではないでしょうか。

次の話に関係しますが、

好きな作家である「中上健次」さんが「早稲田大学」を目指していたこともあり、

「早稲田大学」の可能性もありますね。

公にしていないため、詳しい情報は出ておりません。

好きな作家は「中上健次」さん

「中上健次」さんは、

戦後生まれで初めて「芥川賞」を受賞したことで知られる有名日本作家です。

作品を一部紹介すると、

『十九歳の地図』『鳩どもの家』『浄徳寺ツアー』などが「芥川賞」の候補に入り、

『岬』が「第74回芥川賞」を受賞した経歴のある日本作家です。

 

スポンサーリンク

 

宇佐見りんが小説家を目指したのは高校時代?

書くことは小学生の時から好きだった

「宇佐見りん」さんは、

小説家を目指そうってなったのは高校時代のようです。

高校時代、

私生活などで苦しい時期がありそれを全て日記に書いており、その数も十冊ほどだったとか。

書くことが生産性のない生活の中で唯一できること。

と感じてひたすら日記を書いていたんですね。

目指していたとかではなく、私生活を送っていく中で道ができたみたいです。

コメント