黄砂|2020年のピークは何時?いつからいつまで?何日かかる?

ニュース

2020年も「黄砂」がきますね。

今年もひどいのかな?

何時から?いつからいつまで?どれくらいの期間危ない?

本記事では、こういった悩みを解決したいと思います。

 

★本記事の内容

  • 2020年の黄砂の時間について
  • 黄砂の悪影響について
  • 黄砂の対策について
  • 黄砂とは?

 

毎年被害が出る「黄砂」ですが、2020年はいつ頃がピークなのでしょうか。

何時からくるのか、いつからいつまでなのか、何日続くのかについてまとめています。

また、「黄砂」が及ぼす悪影響や対策方法、黄砂とは意味についても掲載していますので合わせてご覧ください。

 

スポンサーリンク

黄砂のピークは何時?いつからいつまで?【2020年】

2020年5月12日夜〜14日までがピーク

2020年に日本で「黄砂」被害が出る時間帯は、

5月12日夜〜14日までとなっています。

5月12日21時頃から九州をはじめとした地域で、13日0時頃から中部地方や関東地方まで、13日9時頃に東北地方まで「黄砂」が飛散する予測となっております。

14日〜15日には日本海側に「黄砂」が飛散していますが、全国的には落ち着き始めるようです。

2020年は、5月12日〜15日は警戒することをおすすめします。

黄砂情報のマッピングは気象庁で確認できます。

一般的なピークは4月

「黄砂」は1年中飛んでいますが、ピークとなるのは4月です。

基本的には、3月〜5月にかけて飛んでおり、逆に7月〜9月などはほとんど飛んでいません。

 

黄砂の健康への悪影響について

アレルギーや器官に影響がある

  • アレルギー疾患
  • 呼吸器疾患
  • 循環器疾患

目のかゆみ・結膜炎・くしゃみ・鼻水などが多くなると言われています。

アレルギーも悪化し、ぜんそく・アトピー性皮膚炎・アレルギー性鼻炎などに影響が出ます。

また、気管支にも影響があり、肺や血管や心臓などにも影響が出ることもあります。

 

スポンサーリンク

 

黄砂の対策方法

簡単に対策できる方法

  • マスクを着用する
  • メガネを着用する
  • 手洗いうがいは当たり前
  • 洗濯物は室内で干す
  • 家になるべく持ち込まない

自身を守るうえで簡単な方法は、マスクとメガネを着用することです。目と口から体内に「黄砂」が入り込むことを阻止することができます。また、手洗いうがいもいつも通りかならずやりましょう。

いつもしているであろう洗濯に関しては、「黄砂」が飛散してきた時は、洗濯物を外に干していると付着してしまうため、室内乾燥するようにしましょう。

外に出た時などは、しっかり叩いてなるべく家の中に持ち込まないようにするのがおすすめです。

 

黄砂とは?どういう意味?なぜ発生する?

砂や土が編成風によって運ばれ降り注ぐ

簡単に言えば、砂漠や乾燥地域にある砂や土のことです。

この砂や土が風によって上空に巻き上げられ、特に春を中心に東アジアなどに飛散してくるため、日本にも定期的に「黄砂」が降り注いできます。

アメリカなどまで飛んでいくこともあり、比較的遠くまで飛散するようですね。

「黄砂」は春ってイメージが強いですが、

確かに春に発生する頻度は高いですが、それ以外の季節でも飛んでいます。

コメント