【黙示録の四騎士】最強キャラランキング【七つの大罪続編】

アニメ/漫画
スポンサーリンク

『黙示録の四騎士(七つの大罪続編)』の最強キャラランキングです。

登場人物(キャラで)誰が強いのかまとめています。

かなり個人的見解があるとは思いますが、こんな感じなんだ程度にご覧ください。

 

スポンサーリンク

黙示録の四騎士の最強キャラランキング

1位:イロンシッド

「パーシバル」の父親。

「バルギス」と「パーシバル(魔力が目覚める前)」を同時に相手しても勝つ実力者。

2位:パーシバル

「イロンシッド」の息子。

『僕の魔力だけど僕だけの魔力じゃない』と説明された、想いが力になる「希望(ホープ)」の魔力を持つ。魔力が様々な形に適用し、両手にまとって攻撃力を上げ・分身を生み出し・全身にまとい防御・自己回復も可能。

3位:タリスカー

「イロンシッド」の同胞。

天候を操る魔力「天災(カラミティ)」を持ち、空から雹(ひょう)を降らせる「雹爆撃(ヘイルインパクト)」や、雷を落とす「稲妻槍(ライオットピアサー)」や、最大級攻撃魔力「天災鳥(カラミティバード)」を使う。

 

スポンサーリンク

 

4位:ベルガルド

「イロンシッド」の同胞。

対象を焼き尽くすか術を解除しない限り消えない炎攻撃「焔(ほむら)」や全身から広範囲に炎を繰り出す魔力を使う。

5位:アングルハッド

聖騎士を目指しているレイピア使い。

対象の真実と嘘を見破ることができる魔力を持つ。

6位:ナシエンス

谷を救うために薬を作っていた。

自ら毒を摂取して体に覚えさせることで毒を生成できる魔力「調毒(ミクスベノム)」を使う。

また、剣や銃へ魔力を付与することもでき、変性型と付呪型2つの魔力特性を持つ。

7位:バルギス

「パーシバル」のおじいさんであり、16年間育ての親でもある。

「グレーン(上半身裸の格闘相撲)」での勝負では「パーシバル」に勝利している。

 

黙示録の四騎士の最強キャラランキング【まとめ】

ここまでご覧いただきありがとうございました。

今回は『黙示録の四騎士(七つの大罪続編)』に登場するキャラとモンスターで誰が強いのかランキング形式にしました。

まだまだ登場キャラも少ないですが、今後の展開や成長、戦闘など楽しみですね。

個人的な見解が強いランキングにはなっているとは思います。ご了承ください。

良ければ、みなさんの強いと思うキャラ是非教えてくださいね。

コメント