【テニスの王子様】最強キャラランキングTOP15|選手の強さ【テニプリ】

アニメ/漫画
スポンサーリンク

『テニスの王子様(テニプリ)』の最強キャラ(選手)ランキングです。

登場するキャラ(中学生・高校生・プロ)で強さランキングを作りました。

かなり個人的見解があるとは思いますが、こんな感じなんだ程度にご覧ください。

テニスの王子様の関連記事
▶︎全キャラ最強ランキング▶︎中学生の最強ランキング
▶︎高校生の最強ランキング
スポンサーリンク

テニスの王子様の最強キャラランキングTOP15

1位.越前南次郎

出身
潜在能力天衣無縫の極み

「リョーマ」と「リョーガ」の父親であり、現役時代は「サムライ南次郎」と呼ばれていた。

世界を相手に37戦全勝した実績を持ち、「天衣無縫の強さ」を持っている。

2位.越前リョーガ

出身スペイン代表(高校1年生)
潜在能力

「南次郎」の息子、「リョーマ」の兄。

対戦相手の能力を喰うことができ、相手は自分の持っている能力を使えなくなってしまう。

対戦描写が少なく実力は謎な部分が多い。

3位.仁王雅治

出身神奈川県・立海大(中学3年生)
潜在能力

「コート上の詐欺師」と異名を持ち、見たことある相手のプレイスタイルをコピーして戦い、その再現度はまさに本人と戦っているよう。

高校生達にもなれ、相手に合わせて相性の良いキャラになれるのでチート能力。ダブルスでは「同調(シンクロ)」「能力共鳴(ハウリング)」なども可能なのでダブルスでも活躍できる。

(正直どのレベルまで通用するかも謎。)

スポンサーリンク

4位.ユルゲン・バリーサヴィチ・ボルク

出身ドイツ代表(プロ)
潜在能力

「世界最強の男」であり「勝利への哲学者」の異名を持つ。

必殺技の「渦巻きの洗礼」は、渦回転を与えることでラケットでとらえても手首が耐えることができず、そのまま吹き飛ばす。(乾曰く返せる確率は3%未満)

相手を現実を受け入れられない状態まで追い込み、タイムループを引き起こさせるほどの強さと言われている。

5位.アントニオ・ダ・メダノレ

出身スペイン代表(プロ)
潜在能力

「天才異端児」の異名を持つ。

怪我さへ無ければ「ボルク」を凌ぐと言われるほどの実力者。

対戦描写が少なく実力は謎な部分が多い。

6位.QP

出身ドイツ代表(高校2年生)
潜在能力究極の品質

本名も出身地も不明な謎多き選手。「クオリティ オブ パーフェクト(完璧な品質)」と呼ばれ、その頭文字を取り「QP」と呼ばれる。

小さい頃から英才教育を受けている天才集団のトップの中のトップだった。

「鬼十次郎」との対戦で「究極の品質」へと進化し、パワー・スピード・テクニック全てが規格外になった。

7位.平等院鳳凰

出身日本代表(高校3年生)
潜在能力

日本代表のNo1。

世界各国の選手と対戦しては、相手がテニスを辞めてしまうほどの攻撃的なテニスをする。強すぎる精神力で不死鳥のようにどんな逆境でも精神を持ち直すことができ、雷を受けて一度死んだが息を吹き返した過去を持つ、身体共に不死。

「ボルク」の「渦巻きの洗礼」を受けた際にも握力300kgで普通に返球し、攻撃技には「光る打球(デストラクション)」や海賊をモチーフにした様々な技を使う。

スポンサーリンク

8位.エル・カミュ・ド・シャルパンティエ

出身フランス代表(高校3年生)
潜在能力

「テニスの革命児」の異名を持ち、今後のテニスは彼によって変わると言われているほど。

テニスを愛し・テニスに愛された選手であり、テニスの声が聞こえる。

対戦描写が少なく実力は謎な部分が多い。

9位.ベルティ・バリーサヴィチ・ボルク

出身ドイツ代表(中学3年生/プロ)
潜在能力

世界最強の男である「ユルゲン・バリーサヴィッチ・ボルク」の弟。13歳で名門大学を卒業した経歴を持つ秀才であり、15歳でダブルス専門のプロになった。

「テニスAI」の異名を持ち、対戦相手の過去の試合や性格など全てのデータをインプットし試合を有利に進める。

10位.ダンクマール・シュナイダー

出身ドイツ代表(プロ)
潜在能力巨像(ギガント)

なぜか知らないが巨大化できる。

大きな身体から繰り出されるパワーが強烈であり、「仁王(平等院にイリュージョン時)」が反応できず、「デューク」を吹き飛ばすほど。

スポンサーリンク

11位.鬼十次郎

出身日本代表(高校3年生)
潜在能力天衣無縫の極み

「ジャックナイフ」などのパワー系の技を持ちつつ、下半身や体幹の強さと、ボールコントロールや技術力を兼ね備えている。

過去には「平等院鳳凰」を倒した実績を持つ。

12位.ラルフ・ラインハート

出身アメリカ代表(高校3年生)
潜在能力

自分の弱点を修正して克服、一度ミスしたら次には得意なプレイに変わる。

プロである「アマデウス」に弱点を突かれても次には得意なプレイとなっており、そのまま勝利。

13位.アレキサンダー・アマデウス

出身スイス代表(プロ)
潜在能力

「戦場の暗殺者」の異名を持つ。

相手の最大弱点を暴き、容赦無く無慈悲に攻める「闇(ダークサイド)」を使う。

14位.種ヶ島修二

出身日本代表(高校3年生)
潜在能力

視覚から伝達された回転の情報を瞬時に手首に伝える天賦の才能を持ち、全ての回転を無に出来る。

4つの無である、全ての回転を無にする「已滅無(いめつむ)」・ボールの滞空時間が長い「未生無(みしょうむ)」・自分の存在を無にする「不会無(ふえみ)」・ダブルスパートナーを無にする「更互無(こうごむ)」を持つ。

15位.ミハエル・ビスマルク

出身ドイツ代表(高校3年生)
潜在能力

ドイツのナンバー2の実力者。「Mr.タイブレーク」の異名を持ち、タイブレークの勝率100%。

ショットや戦略の種類を増やし、試合終盤まで切り札を残しておくことでタイブレークで相手を倒す。

 

テニスの王子様の最強キャラランキング【まとめ】

ここまでご覧いただきありがとうございました。

今回は『テニスの王子様』に登場するキャラで最強は誰なのかまとめてみました。

個人的な見解が強いランキングにはなっているとは思います。ご了承ください。

良ければ、みなさんの強いと思うキャラ是非教えてくださいね。

テニスの王子様の関連記事
▶︎全キャラ最強ランキング▶︎中学生の最強ランキング
▶︎高校生の最強ランキング

コメント