【コムドットシャネル】なぜ炎上した?理由と問題点まとめ|ハイブランドとの組み合わせは最悪か

ニュース/芸能
スポンサーリンク

『コムドット』がハイブランドである『シャネル(CHANEL)』とコラボしました。

良くも悪くも人気と注目を浴びる人気YouTuber(チューチューバー)ですが、今回も話題になっているのは間違いないが残念なことに悪い方向に進んでいるようです。

ファンもアンチも多い『コムドット』ですが、『シャネル(CHANEL)』とのコラボに対して批判殺到・炎上の騒ぎになっています。

炎上理由や問題点についてまとめてみました。

スポンサーリンク

コムドットとシャネルのコラボが実現

香水「チャンス」とコラボ

YouTuberという枠を超えて、パワフルに跳躍をし続ける人気グループの「コムドット」。2018年10月1日の結成から、オリジナリティあふれるアプローチで登録者数を増やし、今や時代を切り開く新たなリーダーとして注目を集めている。まさに自分たちの手で“チャンス”を掴みに行くその姿は、フレグランスの世界に革命をもたらしたガブリエル シャネルの姿と重なる部分も。メンバーのやまと、ゆうた、あむぎりの3人が軽やかに宙を舞い、チャンスをその手でキャッチする。

引用元:VOGUE GIRL JAPAN

『シャネル(CHANEL)』の創設者である「ガブリエルシャネル氏」は歴史のパイオニア(開拓者・先駆者)だったため、YouTube界隈に革命を起こして注目を集める『コムドット』は似たものを感じたようです。

そんな『コムドット』と『シャネル(CHANEL)』がコラボし、イメージに合った香水が発売されます。

ネットの反応は良くないか

コラボ自体はとても凄いことだと思いますが、ネットではこのコラボに対して批判的な意見も多く、炎上してしまう始末です。

今回はそんな『コムドットシャネル』コラボの問題点などをまとめています。

スポンサーリンク

コムドットシャネルコラボの問題点

  1. 服装がちょっとダサい。
  2. 撮影ポーズがちょっとダサい。
  3. ブランドイメージが違う
  4. コラ画像で遊ばれる始末

服装とポーズがダサい

今回の『コムドット×シャネル』にはいくつか問題点があると考えます。

『コムドット』を起用しているかどうかは一旦除外視しても、服装とポーズが少しダサいかなと思いました。これは『コムドット』が100%悪い訳ではなく、撮影環境側に大きく問題あるでしょう。

ネットの反応でも、『囚人服みたい』『インペルダウンみたい(ワンピースに登場する監獄)』『仮面ライダーの変身ポーズみたい』などの声があります。

正直筆者も『コムドット』関係なしに、ダサいなと思ってしまいました。

スポンサーリンク

ブランドイメージとはズレている

そして、『シャネル(CHANEL)』みたいなハイブランドが、若者に良くも悪くも影響をもたらすYouTuberを起用していますがハイブランドのイメージとはズレているようにも思います。

俳優や女優だったらこんなことにはならなかったでしょうし、『ドン・キホーテに売っている香水』『安っぽく見える』などの声も多くありますね。

スポンサーリンク

コムドットシャネルコラボに対する筆者の意見

コムドット側が叩かれるのは違う気も

今回の件に関して言えば、もちろんオファーを出したのは『シャネル(CHANEL)』側なので、『コムドット』側は仕事を受けただけになります。

なので、気に食わない組み合わせだとしても、『コムドット』は叩かれるほど悪いことをしている訳ではないと考えます。

どちらかと言えば、『シャネル(CHANEL)』側にガッカリするのが的確だと思いますね。今人気だから起用したって発想なんだとしたら浅はかだったのは事実です。

確かに『コムドット』はかなり勢いがありますが、ファンとアンチがどちらも多く、良くも悪くも評価が分かれるのは目に見えていますから、その悪い印象を全く考えられなかったのなら、失敗と後悔が残るでしょう。

ハイブランドが求めるターゲット層だったのか

『コムドット』は若者に大人気であることから、支持している年齢層は10代・20代が多く割合を占めているでしょう。

その年齢層が『シャネル(CHANEL)』を買うかというと、金額的にも気軽に買える値段ではないかと思います。今までと違うターゲット層を狙うという意味でコラボを狙ったかもしれませんが、裏目に出てしまった印象です。

実際のところ、『シャネル(CHANEL)』を愛用している世代はもう少し上でしょうし、その人たちがこれからも愛用したかったが『コムドットに影響された人』などと周りから思われるのは嫌な気持ちもわかります。

また、『コムドット』は人気の反面、炎上したことがいくつもあるYouTuberであり、アンチもかなり多いため、そんな人達が広告しているブランドを使いたくない人も少なからず出るのは間違いありません。

コメント