【ドラゴンボール】第7宇宙の最強キャラTOP15|強さランキング【2022年最新版】

ドラゴンボール
スポンサーリンク

『ドラゴンボール(DB)』の第7宇宙の最強キャラランキングです。

12ある宇宙の中で、「悟空」たちの物語が進行している舞台(第7宇宙)に登場するキャラのみで、強さランキングを作りました。

関連記事
▶︎全キャラの最強▶︎敵キャラの最強
▶︎最強の戦士10人▶︎第7宇宙の最強
スポンサーリンク

第7宇宙の最強キャラランキングTOP15

1位.ベジット

「悟空」と「ベジータ」がポタラで合体した姿。

『魔人ブウ編』で初めて合体し最強の戦士として登場、『超(スーパー)』では「合体ザマス」を倒すために再び合体して互角以上に渡り合ったが、この時はパワーが大きすぎてすぐに合体が解けてしまった。

「老界王神」がポタラ合体について『効果はフュージョン以上』と発言しているため上にランクイン。

「悟空」「ベジータ」が強くなる度に、「ベジット」も強くなる。

2位.ゴジータ

 

「悟空」と「ベジータ」がフュージョンで合体した姿。

『劇場版』や『GT編』で登場、強敵であった「ジャネンバ」「一星龍」を倒し、「ブロリー」とは互角以上に渡り合った。

「悟空」「ベジータ」が強くなる度に、「ゴジータ」も強くなる。

3位.フリーザ

宇宙の帝王であり、「悟空」や「ベジータ」などの登場キャラだけでなく「読者」にも絶望を与えたボス。

「悟空(超サイヤ人)」や「トランクス(超サイヤ人)」に破れるも、「ゴールデンフリーザ」として復活し、『力の大会』では第7宇宙の代表選手として出場し連携プレイなども見せる大活躍。

そして修行の末、「ゴールデンフリーザ」を超える新形態「ブラックフリーザ」を完成させ、その強さは「悟空(身勝手)」と「ベジータ(我儘)」と互角かそれ以上の強さを手に入れた。

▶︎ブラックフリーザの強さについて見る

スポンサーリンク

4位.孫悟飯

変身形態・超サイヤ人2
・アルティメット
・ビースト

「悟空」の息子であり、潜在能力だけで言えば「悟空」「ベジータ」よりも上。『セル編』『魔人ブウ編』では単体最強の戦士の実力を持っている。

が、戦いがあまり好きではなく、学者になるべく勉強したりと、日々のトレーニングをせず怠けている部分があり、最終的には「悟空」「ベジータ」が決着をつけることが多い。

そんな「悟飯」だったが、『映画 ドラゴンボール超スーパーヒーロー』で新たな覚醒「ビースト」へと変身した。

▶︎孫悟飯ビーストの強さについて見る

5位.ブロリー

原作には登場しない、生粋のサイヤ人。

最強の戦士という設定もあり、生まれた時から戦闘力が10,000以上、後に「悟空」「ベジータ」などと戦っていく中でどんどん強くなっていく。

「超サイヤ人」になった際には「超サイヤ人ブルーの悟空&ベジータ」も圧倒する実力を持ち、「ゴジータ」と同等の実力を持っていた。

▶︎ブロリーの強さについて見る

6位.セルマックス

『劇場版ドラゴンボール超スーパーヒーロー』のボス。

「ドクターゲロ」の孫である「ヘド」が、「セル」の設計図を元に巨大化させ更に強力に作り変えた存在。

完成すれば「ブロリー」よりも強かったと公式から言われている。

7位.ガス

『ヒーター軍』の最強の戦士だったが、「シリアル星」のドラゴンボールを使い「グラノラ」の後に宇宙一の強さを叶えてもらった。

様々な武器を生成して戦う独自のスタイルに加え、宇宙一の強さを手に入れたことで、瞬間移動や破壊の技なども使えるように。

スポンサーリンク

8位.ベジータ

変身形態・超サイヤ人2.4
・超サイヤ人ゴッド
・超サイヤ人ブルー
・我儘の極意

サイヤ人のエリートであり王子。

「超サイヤ人」をはじめ「悟空」に変身の先を越されてばかりだが、センスはピカイチ。

今は天使の技を使う「悟空」に対して、自分には合わないことを理解し「ビルス」との特訓で破壊する力を身につけ、「我儘の極意」を完成させた。サイヤ人の本能と同じようにダメージを受けるほど戦闘力が上昇していく。

▶︎我儘の極意について見る

9位.孫悟空

変身形態・界王拳
・超サイヤ人2.3.4
・超サイヤ人ゴッド
・超サイヤ人ブルー
・身勝手の極意

本作の主人公であり、地球育ちのサイヤ人。

数々の強敵を前に次々と進化を遂げ、今ではどんな攻撃も自然と回避できる神の力「身勝手の極意」も扱えるようになった。

▶︎身勝手の極意について見る

10位.グラノラ

シリアル人の生き残り。

狙撃に特化した右眼を持っており、離れた場所からピンポイントで弱点を狙撃できる。また、ドラゴンボールの願いで寿命を犠牲にする代わりに、宇宙一の力を手に入れた。

宇宙一の強さを手に入れたことで、瞬間移動なども使えるように。

「悟空」や「ベジータ」と互角以上に渡り合う実力を見せた。

▶︎グラノラの正体と強さについて見る

スポンサーリンク

11位.モロ

超能力使いであり、生命エネルギーを喰らい相手を弱体化させるだけでなく、自分の力に変えることができる&星の生命エネルギー自体を放出することも可能。

自身の力+ピッコロの能力+ベジータの技+メルス(天使の力)を自分のものにし、「身勝手の極意の悟空」と互角以上に渡り合った。

最後は自身が能力を制御できなくなり、耐えられる身体を求めて地球と融合したが、「悟空」に敗れた。

12位.魔人ブウ

「ビビディ」が作り出した魔人。

体はダメージを受けても再生し、他者の傷などを回復させることができ、触覚からお菓子に変えるビームを放ち、他者を吸収することで自身の力にできる。

また、「大界王神」の記憶が呼び覚まされたことで潜在能力が解放され、さらに強くなった。

13位.人造人間17号

「ドクターゲロ」の手によって生み出された人造人間。

スタミナ切れ・エネルギー切れを起こすことがないため、長期戦になれば有利になる。

『ドラゴンボール超(スーパー)』では奥さんと子供が居り、修行をしながら生活をしていたことで鍛えられ、「超サイヤ人ブルー」と互角の実力を持っていた。

『力の大会』では冷静な判断と戦闘力で相手を落としていき、チームプレイによって優勝を勝ち取った。

14位.ピッコロ

ナメック星人であり、最初は敵対していたがいつしか味方のような立ち位置に。

特に「悟飯」に思い入れがあり師匠。

味方の仲間でも元々戦闘力が高い方だったが、「悟空」「ベジータ」達サイヤ人のインフレにはついていけず、冷静な分析で状況判断などのブレイン枠になっていった。

そんな「ピッコロ」だったが、『映画 ドラゴンボール超スーパーヒーロー』で新変身「オレンジピッコロ」になることで、「超サイヤ人ブルー」と同等の戦闘力を手に入れた。

▶︎オレンジピッコロの強さについて見る

15位.未来トランクス

「悟空」や「ベジータ」がいない世界から、タイムマシンに乗り現代(過去)へと助けを求めにきた青年になった「トランクス」。

未来の世界では戦士が1人もおらず、一人で強敵と戦い続けている。未来では「悟飯」「界王神」に、現代では「ベジータ」に修行をつけてもらっている。

「悟空」と「未来トランクス」が「超サイヤ人2」になった場合は「未来トランクス」のほうが上、さらに「超サイヤ人3」と互角以上の戦闘力を持つ。

関連記事
▶︎全キャラの最強▶︎敵キャラの最強
▶︎最強の戦士10人▶︎第7宇宙の最強

コメント

  1. 匿名 より:

    コメント失礼します
    ベジット、ゴジータに関しては超だと同格の扱いになっているので同率という事になるかと思われます
    原作時点ではフュージョンよりも強いと老界王神から言われていましたが現在その設定は反映されていないようです

  2. ザラマ より:

    ガスは我儘、身勝手より上だろ
    結局共闘しても勝てなかったしフリーザ来なかったらそのまま負けた可能性もある

  3. さる より:

    オレンジピッコロは17号より上ではないでしょうか?
    17号とガンマ1号・2号で、だいたい互角に思えてならないのですが。

タイトルとURLをコピーしました