【テニスの王子様】高校生の最強キャラランキングTOP15|選手の強さ【テニプリ】

アニメ/漫画
スポンサーリンク

『テニスの王子様(テニプリ)』の高校生の最強キャラ(選手)ランキングです。

登場するキャラで強さランキングを作りました。

かなり個人的見解があるとは思いますが、こんな感じなんだ程度にご覧ください。

テニスの王子様の関連記事
▶︎全キャラ最強ランキング▶︎中学生の最強ランキング
▶︎高校生の最強ランキング
スポンサーリンク

テニスの王子様の高校生最強キャラランキングTOP15

1位.越前リョーガ

出身スペイン代表(1年生)
潜在能力

「南次郎」の息子、「リョーマ」の兄。

対戦相手の能力を喰うことができ、相手は自分の持っている能力を使えなくなってしまう。

対戦描写が少なく実力は謎な部分が多い。

2位.QP

出身ドイツ代表(2年生)
潜在能力究極の品質

本名も出身地も不明な謎多き選手。「クオリティ オブ パーフェクト(完璧な品質)」と呼ばれ、その頭文字を取り「QP」と呼ばれる。

小さい頃から英才教育を受けている天才集団のトップの中のトップだった。

「鬼十次郎」との対戦で「究極の品質」へと進化し、パワー・スピード・テクニック全てが規格外になった。

3位.平等院鳳凰

出身日本代表(3年生)
潜在能力

日本代表のNo1。

世界各国の選手と対戦しては、相手がテニスを辞めてしまうほどの攻撃的なテニスをする。強すぎる精神力で不死鳥のようにどんな逆境でも精神を持ち直すことができ、雷を受けて一度死んだが息を吹き返した過去を持つ、身体共に不死。

「ボルク」の「渦巻きの洗礼」を受けた際にも握力300kgで普通に返球し、攻撃技には「光る打球(デストラクション)」や海賊をモチーフにした様々な技を使う。

4位.エル・カミュ・ド・シャルパンティエ

出身フランス代表(3年生)
潜在能力

「テニスの革命児」の異名を持ち、今後のテニスは彼によって変わると言われているほど。

テニスを愛し・テニスに愛された選手であり、テニスの声が聞こえる。

対戦描写が少なく実力は謎な部分が多い。

5位.鬼十次郎

出身日本代表(3年生)
潜在能力天衣無縫の極み

「ジャックナイフ」などのパワー系の技を持ちつつ、下半身や体幹の強さと、ボールコントロールや技術力を兼ね備えている。

過去には「平等院鳳凰」を倒した実績を持つ。

6位.ラルフ・ラインハート

出身アメリカ代表(3年生)
潜在能力

自分の弱点を修正して克服、一度ミスしたら次には得意なプレイに変わる。

プロである「アマデウス」に弱点を突かれても次には得意なプレイとなっており、そのまま勝利。

7位.種ヶ島修二

出身日本代表(3年生)
潜在能力

視覚から伝達された回転の情報を瞬時に手首に伝える天賦の才能を持ち、全ての回転を無に出来る。

4つの無である、全ての回転を無にする「已滅無(いめつむ)」・ボールの滞空時間が長い「未生無(みしょうむ)」・自分の存在を無にする「不会無(ふえみ)」・ダブルスパートナーを無にする「更互無(こうごむ)」などを持つ。

スポンサーリンク

8位.ミハエル・ビスマルク

出身ドイツ代表(3年生)
潜在能力

「Mr.タイブレーク」の異名を持ち、タイブレークの勝率100%。

ショットや戦略の種類を増やし、試合終盤まで切り札を残しておくことでタイブレークで相手を倒す。

9位.デューク渡邊

出身日本代表(3年生)
潜在能力

「破壊王(デストロイヤー)」の異名を持つ。

元々フランスの代表選手だったが、妹が事故にあった際に助けてくれた「鳳凰」と一緒に戦いたいと思い日本代表へ。

相手ごと吹き飛ばす「デュークホームラン」のパワー系だと思わせ、優しいタッチの小技「デュークバント」もある。

10位.徳川カズヤ

出身日本代表(2年生)
潜在能力阿修羅の神道

「平等院」「鬼」から「阿修羅の神道」に入ったと言われる。(詳細は不明)

技で世界を獲ると公言しているだけあり、ラケットをスイングすることで空間を削り取る「ブラックホール」は相手の打球をその場で止めることが可能。

攻撃に関しては「光る打球(デストラクション)」を使える。

スポンサーリンク

11位.越智月光

出身日本代表(3年生)
潜在能力

「精神の暗殺者(メンタルのアサシン)」の異名を持つ。何事にも動じない佇まいからのひと睨みで相手にプレッシャーを与える。その威力はライオンがビビるほど。

6割制限を解除した必殺サーブ「マッハ」はプロをも凌ぐ超高速で見えず動けない。

12位.毛利寿三郎

出身日本代表(3年生)
潜在能力寝る(ゾーンに近い状態)

才能はあるがサボりの常習犯で、「立海大付属」にいた時は、「幸村」「真田」「柳」とギクシャクしていた関係。高校に入ってから「幸村」の必死のリハビリを目にして反省し努力をした。

「毛利」は寝ることで数秒で「ゾーン」に近い状態に入ることができ、極限の集中力を発揮する。

13位.アラン・ホプキンス

出身アメリカ代表(3年生)
潜在能力

相手の古傷や癖弱点を無意識に使わせることで身体を酷使させる。

「スイステニス界の至宝」と異名を持つ「ペーター」相手に優勢の実力を持つ。

14位.キコ・バレンティン

出身アメリカ代表(1年生)
潜在能力

「変幻自在な曲者」の異名を持つ。

ドロップショットの体勢からコードボールで強烈なスピンをかけたりを狙ってできる。

「リョーマ」曰く、いつも気づくと6-4で試合が終わるらしく、スイスの「アンリ(若き貴公子)」にも6-4で勝った。

15位.ドゥドゥ・オバンドゥ

出身アメリカ代表(3年生)
潜在能力

「鳥人」の異名を持つ。

その名の通り圧倒的な跳躍力があり、凄まじい高さからのスマッシュが強力。

「リョーマ」の「ドライブB」をジャンプで拾えるほど。

 

テニスの王子様の高校生最強キャラランキング【まとめ】

ここまでご覧いただきありがとうございました。

今回は『テニスの王子様』に登場する高校生キャラで最強は誰なのかまとめてみました。

個人的な見解が強いランキングにはなっているとは思います。ご了承ください。

良ければ、みなさんの強いと思うキャラ是非教えてくださいね。

テニスの王子様の関連記事
▶︎全キャラ最強ランキング▶︎中学生の最強ランキング
▶︎高校生の最強ランキング

コメント