【東京リベンジャーズ】黒幕・もう一人のタイムリーパーはだれ?|考察・予想・ネタバレ【東リベ】

アニメ/漫画
スポンサーリンク

『東京卍リベンジャーズ(東リベ)』の黒幕は誰なのか、もう一人のタイムリーパーはいるのかについて考察・予想しています。

ネタバレも含みますのでご注意ください。

 

スポンサーリンク

もう一人のタイムリーパーはいる?だれ?

橘日向がタイムリーパー?

「橘日向」がタイムリーパーなのでは説が浮上しています。

  1. 単行本の裏表紙に「日向」がタイムリープしているような描写
  2. アニメのエンディング映像でタイムリープしているような描写

この2つがもう一人のタイムリーパーは「日向」なのではないかと匂わせております。

①裏表紙について

公式ツイッターでも基本的には過去のワンシーンを描き下ろしていると呟かれていました。どの巻も過去や現在などで起こっているシーンが表紙・裏表紙に描かれています。

そこで問題となるのが22巻ですが、表紙は『武道がタイムリープしながら手を差し伸べる』のに対して、裏表紙は『日向がタイムリープしながら手を差し伸べている』シーンが描かれています。

このことから、今後起こるシーンなのではないかと予想できます。

https://twitter.com/toman_official/status/1283969102537580549

②エンディングの映像

アニメのエンディング映像の一部に、水溜りからタイムリープ空間に落ちていくシーンがありました。これは単行本22巻の裏表紙と同じく、「日向」の周りに時が描かれており、タイムリープしていっている描写ですね。

もう一人タイムリーパーは存在する?

関東事変前に「花垣武道」はあることに疑問を持っていました。

『8.3抗争』で「ドラケン」を救っても、『血のハロウィン』で「一虎」を救っても、『聖夜決戦』で「稀咲」を「東卍」から追い出しても、未来がいい方向に進みませんでした。

このことを踏まえ、「武道」は『もしも俺が未来を変えた後に更に未来を改ざんしている奴がいるとしたら?』そう話しています。

「日向」がタイムリーパーだった場合、はたして敵なのかが疑問ですよね。22巻の裏表紙も助けを求めているような表情であったり、「武道」に敵対する理由が今のところないため、タイムリーパーであったとしても敵ではなく味方。「武道」を助けようとタイムリープしている可能性があります

スポンサーリンク

黒幕はだれ?予想人物

マイキーが黒幕?

「マイキー」は、ちょくちょく「武道」のことを『本当に中学生か?』『オマエは何者だ?』などと存在に疑いをかけていました。また、移り変わる現代で他のメンバーは亡くなっていても、「マイキー」だけは組織のトップにいて亡くなっていません

現代では「梵天」の首領として動いており、「武道」と再会後、全部を終わらせたい想いでビルの上から飛び降りを図りましたが「武道」に助けられ、『助けてくれ タケミっち』と呟いた瞬間に、「マイキー」がトリガーになり「武道」は10年前にタイムリープしました。その際、10年前の「マイキー」は『来たか…タケミっち』と呟いており、なぜか「武道」がタイムリープしたのを察知しています。

また、『自分では制御できないもう一人のオレみたいなものがある。』と黒い衝動について語っている点も、黒い衝動の部分が黒幕なのかもしれませんね。

そしてあだ名である「マイキー」とは、My Key(=私の鍵)と呼べるため、「武道」の鍵?というのも気になります。

スポンサーリンク

怪しいが黒幕ではないと予想できる人物

稀咲鉄太

「花垣武道」は、当時「稀咲」がもう一人のタイムリーパーなのではないかと予想します。

そして「稀咲」は、何度も計画を邪魔してくる「武道」に対してタイムリーパーなのでは?と考えていましたが、『天竺』との決戦の後に本人から話を聞き『やっぱりお前タイムリープしているんだな』と確信に変わります。

ここで2人がタイムリーパーで過去を塗り替えあっているんだと思いましたが、なんと「稀先」は『俺がタイムリーパーだと思ってんのか?』『オレは…』と呟き、トラックにひかれてそのまま亡くなりました

「稀先」は様々な計画を企ててはいましたが、タイムリーパーとして過去を変えていた訳ではないようです。そして、これらの発言から、タイムリーパーでは無いにしても、タイムリープについて知っており、かつ近くにタイムリーパーがいたかもしれません

橘直人

『8.3抗争』後、公園で車の中に居た「日向」は、「アッくん」の車衝突による爆発事故で亡くなりました。この事件については、公園に連れ出した「直人」しか2人の居場所を知らなかったはずなのに、公園内に居た「半間」が『車に乗ってねーじゃん』『まとめてやっちまおうと思ったのに』と呟いていることから、2人が公園にいることを知っていたような口ぶりです。この情報を「直人」が流した可能性がありますね。

また、「武道」がタイムリープして過去を変えた際に他の人は記憶が上書きされるのに、「直人」の記憶は上書きされずに前の記憶もありました。そのことからも、トリガーではなく「直人」も一緒にタイムリープしている可能性もあります。

しかし、姉の「日向」を殺す動機がないことや、現代で「稀咲」「イザナ」の手によって亡くなったことや、「日向」が生きている時代について『この現代を変えたいと思っていない。』と発言してトリガーとして機能していないことから、黒幕ではないと予想しています

半間修二

『8.3抗争』後「アッくん」を使って公園に居た「日向」を事故死させました。「直人」がドライブに連れ出し2人が公園にいたことを半間は事前に知っているようです。「武道」は公園のトイレに行きその帰りに「半間」に遭遇。『車に乗ってねーじゃん』『まとめてやっちまおうと思ったのに』と呟いていることから、2人が公園にいることを知っていたような口ぶりでした。

そして、「武道」がタイムリープしていることを疑っており、タイムリーパーの存在を知っていたかのような「稀咲」に、もし近くにタイムリーパーが存在していた場合、常に行動を共にしていた「半間」は怪しいですね。

「半間」がタイムリーパーで、「稀咲」がトリガーの可能性も。

しかし、「武道」「日向」に固執する理由が現状特に無い為可能性は低いと予想しています

スポンサーリンク

東京リベンジャーズの黒幕について【まとめ】

ドラケン・千冬・直人などが黒幕なら熱い

ここまでご覧いただきありがとうございました。

最終章にも入った物語、黒幕は誰なのか、タイムリーパーは存在するのか今後の展開が非常に楽しみですね。

悪役である「稀咲」や「半間」などが黒幕ならある程度予想がつきます。しかし、「ドラケン」や「千冬」や「直人」が黒幕で、「マイキー」「稀咲」などを操っていたなどの展開なら熱いですよね。

コメント

  1. あたか より:

    未来のトーマンはやべえ組織なんだから、たけみちとひなが車に乗ってるっていう情報ぐらい監視とかしてたらわかる気がするので、なおとと半間は白だと思います。毎回マイキーが闇落ちするのもたけみちが過去を変えた後にマイキーが闇落ちしないとたけみちとかが守れなかったみたいなもんだと思います。会ったらこうするしかないじゃんってたけみっちのこと撃ちますしね。

  2. ぐーる より:

    10年前にタイムリープした際マイキーが『来たかタケミっち』と呟いているのは、武道が12年前にタイムリープしてきたことを知っていたからでは?と思います。