【ナルト】最強キャラランキングTOP10|最新版【NARUTO】

アニメ/漫画
スポンサーリンク

『ナルト(NARUTO)』の最強キャラランキングです。

今回は、ナルトの物語に登場する忍が対象です。誰が強くてどんな忍術を持っているのかまとめています。

大筒木一族は対象外となっています。

かなり個人的見解があるとは思いますが、こんな感じなんだ程度にご覧ください。

スポンサーリンク

最強キャラランキングTOP10

1位:うちはマダラ

木ノ葉隠れの創設者。

元々「柱間」と唯一対抗できる最強の忍でしたが、「柱間細胞」と「輪廻眼」を手にしたことで手が付けられない怪物に。隕石を降らしたり、分身全員が「須佐能乎(スサノオ)」を使えたり、範囲と威力が桁外れの「火遁」や「木遁」も使う。「マダラ」一人で五影を圧倒する実力。

最後には「十尾の人柱力」となって「六道の力」も持ち、「無限月読」や「輪墓」などの能力で全忍を苦しめた。

2位:うずまきナルト

「サスケ」の親友にしてライバル。

最初は落ちこぼれだったが、ひたすら努力と負けん気で強くなっていき、夢だった火影に。しかも歴代最強最となった。

「九尾」の人柱力であり膨大なチャクラと「影分身」「螺旋丸」をメインに戦う。最終的に「仙人モード」「九喇嘛(くらま)モード」「六道仙人モード」などの戦闘スタイルを手にし、尾獣達のチャクラも全て使うことが可能。

3位:うちはサスケ

木ノ葉隠れのエリート「うちは一族」であり、「ナルト」の親友にしてライバル。

幼少期から成績優秀でなんでもできるエリート忍者。「火遁」「雷遁」を得意としており、「万華鏡写輪眼」を手に入れてからは「炎遁」や「須佐能乎(スサノオ)」などを使い、最終的に「輪廻写輪眼」まで開眼しました。「輪廻写輪眼」を手に入れてからは、一定範囲の任意の空間を入れ替えることができる固有瞳術「天手力(アメノテジカラ)」なども使いながら戦う。

スポンサーリンク

4位:うちはオビト

木ノ葉隠れのエリート「うちは一族」であり、「カカシ」の同期。

「輪廻眼」「万華鏡写輪眼」「六道の力」の力を持つ。「十尾」の人柱力になった時には「柱間」に自分より強いと言わせる程。「万華鏡写輪眼」の能力「神威(カムイ)」で物体をすり抜けさせることが可能。(同じ神威を使える「カカシ」がいないと攻撃すら当てられない。)また「柱間細胞」を移植しているので、生命力が凄まじい。

どうやっても勝てないレベルの相手でしたが、「ナルト」の精神攻撃によって幼少期の「火影」を目指していた頃を取り戻した。

5位:千住柱間

木ノ葉隠れの創設者であり、初代火影。

木遁忍術を得意としており、「九尾」を封じる封印術や素で膨大なチャクラを持ち、印を結ばなくても超回復でき、加えて仙術も使える。「マダラ」と唯一互角以上に戦えた忍。

「柱間」は無くなった後も「柱間細胞」として様々なことに利用され、肉体に移植することで木遁が使えるようになったり、肉体を構築するのに使ったり、ゼツの大量生産に使ったりと細胞すらチートアイテムに。

6位:はたけカカシ

伝説の三忍すら名前が霞む程の実力者だった白い牙「はたけサクモ」の息子。後に六代目火影となる。

5歳で下忍・6歳で中忍・12歳で上忍と凄まじい天才。(この時はまだ「写輪眼」を持っていない。)また、「オビト」から「写輪眼」を譲り受けてからは「写輪眼のカカシ」1000の術をコピーした「コピー忍者」と恐れられる。

頭脳は「シカマル」と同じくらいなのでそうとう頭が良く分析などもできるうえ、術の考案(「千鳥」「風遁螺旋手裏剣」)などもしている。

最終的には「大筒木カグヤ」戦で一時的に「オビト」の力で両目に万華鏡写輪眼を開眼し、「須佐能乎(スサノオ)」と「神威(カムイ)」を使って大きく貢献した。

7位:うちはイタチ

木ノ葉隠れのエリート「うちは一族」であり、「サスケ」の兄。

7歳で忍者学校を主席卒業・8歳で「写輪眼」を開眼・10歳で「中忍」・13歳で「暗部の部隊長」と凄まじい経歴を持つ天才。

両目の「万華鏡写輪眼」から作る幻術を武器としており、「月読」「天照」「須佐能乎(スサノオ)」などの攻撃を持つ。手裏剣術に関しては作中でナンバーワンと言っても良い実力。

また、頭が良く頭脳プレイや分析・先を見越して行動する。

最初は悪いキャラかと思ったが、『NARUTO』を最後まで読んだ人ならみんな大好きになったお兄ちゃんにしたいキャラ1位ではないでしょうか。

スポンサーリンク

8位:長門

「自来也」の弟子であり、暁のリーダーの本体。

「輪廻眼」を持っており、最強クラスの術「地爆天星」が使え、「地獄道」「餓鬼道」「畜生道」「修羅道」「人間道」「天道」「外道」全ての能力を使える。

作中では死体に「外道」以外の能力を6人に1つずつ付与し、「ペイン六道」として操り「自来也」を倒し、木の葉を襲撃した。

9位:波風ミナト

四代目火影であり、「ナルト」の父親。

全忍最速と言われており「黄色い閃光」と有名。マーキングさえしていればその場所に移動・敵の攻撃を飛ばすことができる「飛雷神の術」などの時空間忍術や封印術を使え、「螺旋丸」を開発した天才忍者。

「ナルト」と同じく「九喇嘛(クラマ)」の力を使うことができ、苦手であるが一応仙術も使える。

10位:マイトガイ

「マイトダイ」の息子。

「カカシ」の永遠のライバルと自負しており、序盤はキャラ濃い・そんなの嘘だろと思っていた人も多いでしょう。そんな「ガイ」ですが、「マダラ」に『体術において、お前の右に出る者は一人としておらん』と言わせるくらいの、体術において最強の忍。(「柱間」以外認めなかった「マダラ」が言うなら間違いない。)

「八門遁甲」の使い手であり、身体能力を爆発的に上げて使う体術が武器。「ガイ」は「八門」全て開けることができ「死門」を使った時には「マダラ」を追い詰める程の実力を見せる。「死門」を開くと必ず死ぬと言われているが、「ナルト」の力でなんとか命を繋ぎ止めた。

 

ナルト最強キャラランキング【まとめ】

ここまでご覧いただきありがとうございました。

今回は『NARUTO(ナルト)』に登場する忍のみの最強キャラランキングでした。

木ノ葉隠れには強い忍が揃っていますね。

最後はもう通常の忍では戦闘に入る隙もありませんでした。

コメント