【ワールドトリガー】ボーダー最強キャラランキングTOP15【ワートリ】

アニメ/漫画
スポンサーリンク

『ワールドトリガー(WORLD TRIGGER)/ワートリ』のボーダー内での最強キャラランキングです。

ボーダー隊員の中で誰が強いのか、ポジション関係なく総合に見て最強キャラを決めています。

かなり個人的見解があるとは思いますが、こんな感じなんだ程度にご覧ください。

 

ワールドトリガー関連記事
▶︎全キャラ最強ランキング▶︎ボーダー内最強ランキング
▶︎ポジション別最強ランキング

 

スポンサーリンク

ボーダー隊員最強キャラランキングTOP15

1位:天羽月彦

ボーダー本部所属のS級隊員。サイドエフェクトには、強さを色で識別(トリオン兵や集団相手にも使える)できる能力を持っている。

ブラックトリガー使いであり使用時には、同じくブラックトリガー「風刃」を使っている「迅悠一」よりも単純な戦闘力だけで見れば上をいく隊員です。

原作では戦闘シーンは見えていませんが、自身が指示された区画と「迅悠一」に任せられた二区画の新型のラービットを含めたトリオン兵の軍団を一人で全滅させ、地区を更地にしている。

2位:迅悠一

ボーダー本部所属のS級隊員からA級隊員に。サイドエフェクトには、目の前や知っている人の未来が見える能力を持っている。

ブラックトリガー「風刃」の使い手であったが、現在は本部に渡している。「風刃」は、目の届く範囲を攻撃でき、斬撃をあらかじめしかけておけば時間差で攻撃することも可能。使用時には個人アタッカー1位「太刀川慶」とA級3位「風間隊」に圧倒している。本人曰く、サイドエフェクトと「風刃」の相性が良すぎるとのこと。

通常トリガーでは二刀流「スコーピオン」と「エクソード(盾)」で防御や罠を駆使して戦う。原作では「蝶の盾(ランビリンス)」を使用した「ヒュース」を一瞬で捉えたりと互角以上の勝負を繰り広げた。

3位:空閑遊真

ボーダー玉狛支部所属のB級隊員(三雲隊)でありネイバー。サイドエフェクトには、相手の嘘を見抜く能力を持っている。

ブラックトリガー使いであり、他のトリガー機能を学習して効果を使える「印」を使用。様々な「印」を利用して味方のサポートや一撃を敵に食らわしていく。「印」は他のものと複合したり、効果を重複させより強力な効果を引き出すことも可能。

通常トリガーを使用している際は、素早い動きで相手を錯乱して隙をついて攻撃、「三雲修」のワイヤーや「グラスホッパー」などを利用しながら「スコーピオン」で敵を倒している。

 

スポンサーリンク

 

4位:忍田真史

ボーダー本部所属の本部長。

本部においてノーマルトリガー所持者で最強の男と言われており、一人で一部隊レベルの戦闘力を持つ。個人ランク1位の「太刀川慶」の師匠であり、勝負すれば勝ち越す実力者。

エネドラ戦では、弱点のダミー生成速度を上回る早技で全て破壊した。

5位:小南桐絵

ボーダー玉狛支部所属のA級隊員。

「玉狛」が使う試作トリガーは本部のものと異なるのでランク戦には不参加。元々は「孤月(短め)」の二刀流使いであり、「風間蒼也」を下したこともある。

現在も二刀流使いであり「双月」をコネクトさせることで「斧」状へと形態変化させて一撃の威力を上げて戦う。素早い手数と一撃必殺の2つを使いこなして戦う。

また、「メテオラ」の中距離攻撃も備える。

6位:ヒュース

アフトクラトル遠征部隊(隊員)であり、ボーダー玉狛支部所属のB級隊員(三雲隊)。

トリオン量が多く、「エスクード」「孤月」で攻守を担い、「バイパー」での時間差攻撃など多彩な動きを見せる。冷静な分析力と思考を持つのでその場の状況判断もでき、「蝶の楯(ランビリンス)」を持つまでは「ヴィザ翁」に剣術を習っていた。

また、自身では無数の磁力体を操るトリガー「蝶の楯(ランビリンス)」を持つ。一欠片単位で操作できるため様々な形状に変化でき、シールド・移動装置・ブレード・発信器・捕獲などの攻守サポートに便利。

7位:太刀川慶

ボーダー本部所属のA級隊員(太刀川隊)。

「孤月」の二刀流で手数で攻めつつ、離れた敵は「旋空孤月」で一刀両断する。「風刃」を手にする前は「迅悠一」とライバルであり競っていた。

 

スポンサーリンク

 

8位:木崎レイジ

ボーダー玉狛支部所属のA級隊員。

パーフェクトオールラウンダー。攻撃・銃・射撃全てをマスターランクまで極めており、近接・射撃・狙撃なんでもござれ。トリガーは特注品を使用しているため14個セットでき、高いトリオン量を活かして様々なトリガーを臨機応変に使う。

また「全武装(フルアームズ)」の使用者であり、「ランチャー」「キャノン」「機関銃」「突撃銃」「レイガスト」などが装備され、手数と火力と防御で攻防に優れる。

鍛えられた体とどんな時でも冷静沈着なところから、落ち着いた筋肉と呼ばれる。

9位:二宮匡貴

ボーダー本部所属のB級隊員(二宮隊)。

トリオン怪獣「雨取千佳」の次にトリオン量が多く、高い攻撃力を持つシューター。「アステロイド」と「ハウンド」を使い、手数と威力を重視した2つの弾を緩急つけて使う両攻撃(フルアタック)による超攻撃が得意。また合成弾も織り交ぜて戦う。

その圧倒的攻撃力から、知っていても防げない・1対1にはならないようにすると言われている程。

(A級クラスの実力を持つが、隊員であった「鳩原」の近界への失踪という規律違反をでB級に降格。)

10位:東春秋

ボーダー本部所属のB級隊員(東隊)。

最初のスナイパーであり、かつてはA級1位部隊を率いていた。(現在はB級で育成している)

指揮官能力が高く、相手の作戦や行動を先読みしてメンバーを動かす。壁越しに狙撃したり・敵の狙撃を撃ち落としたり・「メテオラ」を撃ち落とす芸当を繰り広げる。

 

スポンサーリンク

 

11位:出水公平

ボーダー本部所属のA級隊員(太刀川隊)。

合成弾の名手であり天才シューター。トリオン量が多く、自身で攻撃するだけでなくアタッカーが攻撃しやすいように敵を誘導することも得意。4種の射撃トリガーを巧みに使いこなし、繊細なコントロールも可能(「バイパー」の弾道をリアルタイムで引くことができる)。

また、2種の射撃用トリガーを合成し、複数の効果を持つ弾を生み出し使う。基本的に合成弾はトリオン消費が激しかったり・時間がかかったり・無防備になったりと弱点があるが、「出水」の場合はトリオン量が多く数秒で合成も出来る彼だけの芸当である。

12位:当真勇

ボーダー本部所属のA級隊員(冬島隊)。

狙った場所を100%狙って当てることができ、遊び感覚で射撃できるほどの空間把握の才能がある。また、自身は被弾せず、他の隊員をヘッドショットできるほどの隠密さも持ち合わせている実力者。絶対に見つからず、絶対に当てる完成されたスナイパー。

「ハイレイン」が広範囲に展開した生物型トリオン弾の隙間をすり抜けて攻撃した。

13位:烏丸京介

ボーダー玉狛支部所属のA級隊員。

近接では「孤月」中距離では「突撃銃(アサルトライフル)」、防御に「エスクード」をメインに使う。「烏丸」は攻撃トリガーを同じ方に入れているため、戦闘時に組み合わせて使うのではなく戦闘ごとに自分がどういう立ち回りをするかでトリガーを選んでいる。

また「ガイスト」の使用者であり、一定時間ではあるが5種(甲・斬・特・速・射)のパラメーターを特化したい能力に振り分けることで戦闘スタイルが変わる。

14位:風間蒼也

ボーダー本部所属のA級隊員(風間隊)。

「スコーピオン」の二刀流に加えて隠密トリガー「カメレオン」で姿を隠し奇襲する。火力でゴリ押しではなく、小柄な俊敏さと冷静な分析で相手に一撃を喰らわす。

ソロよりも誰かと連携して戦う。

15位:里見一馬

ボーダー本部所属のA級隊員(草壁隊)。

ナンバー1ガンナーの実力を持つ。

その実力はまだ不明だが、「二宮」の戦い方を「弓場」の技術で真似ている戦法を得意としている。

 

ワールドトリガーボーダー最強キャラランキング【まとめ】

ここまでご覧いただきありがとうございました。

今回は『ワールドトリガー』のボーダーに所属するキャラだけで最強キャラをまとめてみました。

個人的な見解が強いランキングにはなっているとは思います。ご了承ください。

良ければ、みなさんの強いと思うキャラ是非教えてくださいね。

 

ワールドトリガー関連記事
▶︎全キャラ最強ランキング▶︎ボーダー内最強ランキング
▶︎ポジション別最強ランキング

コメント